妊娠・出産の知識&トラブル大辞典

妊娠中の便秘の原因とケア

妊娠・出産

benpi

妊娠中の便秘は多くのママが悩まされるトラブルの一つです。
妊娠中は便秘になりやすいちゃんとした原因があり、便秘になることで痔を併発し、セットで悩まされる妊婦さんも少なくありません。

妊婦さんが便秘になりやすい原因はいくつか理由があります。
妊娠中にはホルモンバランスが大きく変化するため妊婦さんに様々なトラブルを引き起こしますが、便秘も例外ではありません。
妊娠中には女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。
黄体ホルモンは妊娠を継続していくためには欠かせないホルモンですが、体内に水分を溜め込む働きもあり、大腸の水分を吸い取ってしまうために便が固くなってしまいます。
さらに、腸の動きを抑える作用もあるため便秘になりやすい状況を作ってしまうのです。

その他にも、赤ちゃんが大きくなることで腸が圧迫される、つわりの影響で食事や水分が取れない、なども便秘の原因と言われています。

便秘になる理由がわかっていても、そのまま放置するのも辛いですよね。
便秘を放置すると、痔だけではなく、人によってはつわりが悪化したり、最悪の場合は腸閉塞を引き起こしてしまう場合もあります。

◆便秘を解消するには

便秘を解消するには、規則正しい生活を送り排便のリズムを習慣づけること、適度な運動(もちろん妊娠に影響のない程度で)、バランスのよい食事、しっかりと水分を撮ることを心がけましょう。
便秘解消といえば食物繊維が有名ですが、食物繊維にもこんにゃくや海藻類などの水溶性と、ごぼう・さつまいも・きのこ類などの不溶性の2種類があり、どちらもバランスよく摂ることが理想と言われています。
また、妊婦さんも安心して摂ることができるオリゴ糖も便秘解消にはオススメですよ。

便秘になると薬に頼ってしまう方もいると思いますが、薬の中には子宮を収縮させる成分が含まれているものもあり、流産や早産を引き起こす場合もあるようです。
便秘薬を使用する場合は必ず医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーサイト

  • 当サイトへお越しいただきましてありがとうございます。
    中学生、小学生、幼児の3人の子を持つsasaと申します。
    妊娠中・出産後・育児のトラブルや疑問に思ったことなどをまとめてみましたので、お役に立てれば幸いです。

PAGE TOP ↑