妊娠・出産の知識&トラブル大辞典

出産する産院選びのポイントは?

妊娠・出産

sanin

これから出産を迎える方には大事な産院選び。
大切な出産だから、自分に合った納得の行く産院で出産したいですよね。

◆産院の種類

■ 大学病院・総合病院
持病をもっている方や合併症、高齢出産など、リスクのある妊婦さん向き。
(ノーリスクの妊婦さんも受け入れてくれますが、断られる場合もあるようです)
NICU(新生児集中治療室)など各施設が整っているので、何かあった時は安心です。
検診の待ち時間が長いというデメリットも。

■ 個人病院
個人で開業している病院で、診察から出産までひとりの医師にみてもらえるのが特徴です。
食事が美味しい、個室が選べる、アメニティが充実しているなど、総合病院などに比べてサービスがいい病院が多いです。
しかし、妊娠中に合併症などのリスクが出た場合は、提携している総合病院に転院させられることがあります。

■ 助産院
助産師の資格を持つ方が開業している分娩施設です。
分娩台ではなく、畳などで好きな姿勢で出産することができるので助産院で出産する人も増えてきているようです。
医師がいないため、多胎児や前回に帝王切開で出産した妊婦さんなどは取り扱えず、正常な妊娠、分娩であることが条件。

◆産院選びのポイントは?

■ 何かあった時に対応できるように近くの産院を選ぶ
自宅〜産院まで車で1時間以内の距離で。
しかし、人によっては1時間以上かかる場所にしか産院がない、お産が早く進んでしまうなど場合があるので、あまり遠いようなら計画出産で産むのも考えてみては。

■ 自分が望む出産スタイルがある
出産方法にも、自然分娩、無痛分娩、フリースタイル出産などがありますので自分が望む出産スタイルができる病院を選びましょう。

その他にも費用やサービス、病院の印象などいくつかポイントがありますので、実際に出産した人に聞いたり、口コミサイトを参考にして納得のいく産院を選びましょう。

スポンサーリンク

スポンサーサイト

  • 当サイトへお越しいただきましてありがとうございます。
    中学生、小学生、幼児の3人の子を持つsasaと申します。
    妊娠中・出産後・育児のトラブルや疑問に思ったことなどをまとめてみましたので、お役に立てれば幸いです。

PAGE TOP ↑