妊娠・出産の知識&トラブル大辞典

妊娠中にシミがでやすくなるのはどうして?

妊娠・出産

simi

妊娠中は顔にできたシミを鏡で見てショックを受けるママも多いはず。
「しっかりUV対策しているのにどうして?」と思われるかもしれませんが、妊娠中はシミができやすくなるものなのです。

妊娠中はホルモンバランスが変化をするので体に様々な影響を及ぼします。
そして、肌にできるシミもエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが原因なのです。
シミというのは肌の表皮内にメラニン色素が残ってしまっている状態ですが、妊娠中は2つのホルモンが増加し、メラニン色素を生成する細胞のメラノサイトを刺激してしまいます。
すると、メラニン色素が増加するのでシミができやすい肌になってしまいます。
これは肌のシミだけではなく、乳首が黒くなる、脇の下やデリケートゾーンの黒ずみなどもホルモンの影響によるものです。

そして、妊娠中はコルチコステロイドというホルモンの分泌も増加します。
通常ならメラニンが蓄積されてもターンオーバーが正常ならシミになることはありませんが、コルチコステロイドはターンオーバーを抑制させる働きがあるため、シミができやすい肌になってしまうのです。

出産後にしばらくしてホルモンバランスが正常に戻るとシミは薄くなると言われていますので、妊娠中のシミは仕方ないと諦めて、これ以上シミが増えないようにUV対策をしっかりとしましょう。
また、お肌が乾燥しているとシミの原因になりますので、保湿対策をすることも大切です。

スポンサーリンク

スポンサーサイト

  • 当サイトへお越しいただきましてありがとうございます。
    中学生、小学生、幼児の3人の子を持つsasaと申します。
    妊娠中・出産後・育児のトラブルや疑問に思ったことなどをまとめてみましたので、お役に立てれば幸いです。

PAGE TOP ↑