妊娠・出産の知識&トラブル大辞典

手のしびれや痛みの原因は?妊娠中や産後に起きやすい手根管症候群とは

妊娠・出産, 産後

syukonkan

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)」という病気を知っていますか?

妊娠中や産後は体の変化やホルモンバランス等の影響で様々な症状に悩まされるママも少なくありません。
そして、手のしびれや痛みもその1つ。
手のしびれや痛みにも色々な原因がありますが、特に妊娠中や産後は手根管症候群という病気にかかりやすくなると言われています。

◆手根管症候群とは

手根管とは手首(手間接)部分にある、骨と靭帯(じんたい)に囲まれたトンネル状の空間です。
この手根管の中には指を動かす9本の腱と1本の正中神経が通っていますが、正中神経が圧迫されることによりおこる手のしびれや痛みを伴う病気を手根管症候群と呼んでいます。

手根管症候群の特徴は「親指から薬指の手のひら側のしびれや痛み」です。
正中神経は親指から薬指の半分までの手のひら側の感覚を支配する神経なので、小指や手の甲側のしびれや痛みが出る事はありません。
また、夜間や明け方に手のしびれや痛みが強くなる、手を振ると症状が緩和されるのも手根管症候群の特徴です。

初期症状は人差し指と中指のしびれや痛みで、親指と薬指にも症状が広がる事もあります。
症状が進むと、親指の付け根の筋肉が衰えてきて、いわいるOKサインができなくなります。
他にも細いものをつかめなくなる、ペンやお箸が持てない等生活に支障が出る事もあります。

◆手根管症候群の診断方法

手根管症候群かどうかを診断する場合、手根管症候群の特徴的な症状(しびれや痛みの範囲など)の問診の他に下記の方法があります。

■ ティネルサイン陽性
手首の手根管がある部分をハンマー等の打腱器などで軽くたたき、親指から薬指までのしびれの具合を見ます。

■ ファレンテスト陽性
手首を曲げて胸の前で両方の手の甲を合わせて指を下に向け、1分間その状態を保ちます。
1分以内に手がしびれたり痛みが悪化する場合は手根管症候群が疑われます。

■ 神経伝導速度検査、超音波検査、MRI検査
補助検査として神経伝導速度検査、超音波検査、MRI検査を行う事もあります。

神経伝導速度検査は手根管症候群の診断で標準的に行われている補助検査で、電気の刺激により手首の手根管の正中神経に障害が出ていないか確認します。

また、神経の圧迫やむくみなどを確認するために超音波検査やMRI検査も有効とされています。

◆妊娠中や産後に手根管症候群になりやすい理由

手根管症候群は「妊娠中や産後の女性」「更年期の女性」に発症する事が多い病気だと言われています。

特に妊娠中や産後、更年期は女性ホルモンが乱れやすい時期です。
女性モルモンの乱れにより滑膜性の腱鞘がむくみ、手根管の内部の圧力が上がり、正中神経を圧迫することが手根管症候群原因と考えられています。
また、女性は家事や育児で手を酷使する事も原因の1つと言われています。

妊娠中や産後に発症した場合はほとんど一時的な事が多く、産後3ヶ月ほどで症状がなくなるので心配ありません。
しかし、辛い場合は医師に相談することで鎮痛剤やビタミン剤を処方してもらえます。
出産後は赤ちゃんのお世話などでなかなか難しいですが、サポーターなどを使用して手首を安静に保つのも有効です。

スポンサーリンク

スポンサーサイト

  • 当サイトへお越しいただきましてありがとうございます。
    中学生、小学生、幼児の3人の子を持つsasaと申します。
    妊娠中・出産後・育児のトラブルや疑問に思ったことなどをまとめてみましたので、お役に立てれば幸いです。

PAGE TOP ↑