妊娠・出産の知識&トラブル大辞典

産後の抜け毛、原因と予防法は?

産後

nukege

産後抜け毛は「産後脱毛症」や「分娩脱毛症」とも呼ばれるぐらい一般的で、多くのママが経験する事です。
出産後大体2ヶ月くらいから抜け始め、6ヶ月くらいで抜け毛のピークを迎えますが、一般的な事とは言え「いつまで抜け続けるの?」「こんなに抜けて大丈夫?」と心配になるママも多いのではないでしょうか。

それでは、多くのママを悩ませてしまう抜け毛はどうしておこるのでしょうか。
妊娠中や産後はホルモンバランスが乱れ、体に様々な影響が出ますが、産後の抜け毛もホルモンバランスの乱れによるものです。

まず、女性ホルモンには、女性らしい体をつくる「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と、妊娠を維持するために必要な「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。
妊娠前はこの2つの女性ホルモンが月経から次の月経まで一定のリズムで交互に分泌量を増減させていますが、妊娠すると常にプロゲステロンが分泌されるようになります。(妊娠中はエストロゲン、プロゲステロン、共に通常より分泌量が増えます)

毛髪には毛周期というものがあり、成長期〜退行期〜休止期というサイクルで「毛が生えて抜け落ちる」を繰り返していますが、プロゲステロンは毛周期を遅らせる働きがあり、本来抜け落ちるはずの髪が抜けずに成長を続けるため、妊娠中は髪の毛の量が増えると言われています。

しかし、出産が終わるとプロゲステロンの分泌が元に戻ってしまうため、それまで抜けずに成長を続けていた髪が抜け落ちるようになります。
これが、産後抜け毛の原因です。

◆産後抜け毛の予防法

妊娠中や出産後はどうしてもホルモンバランスが乱れてしまうため、産後抜け毛はある程度仕方のない事です。
産後の抜け毛は6ヶ月ごろにピークを迎えますが、大体半年~1年くらいで新しい毛が生えて、だんだん元に戻っていきます。

産後の抜け毛の予防法としては、
・バランスの良い食事を摂るようにする
・なるべくストレスをためないようにする
・なるべく良い睡眠がとれるように心がける
・産後は無理なダイエットはしない

食生活の乱れは「髪に必要な栄養素が行きわたらなくなる」「脂肪の摂り過ぎで皮脂の分泌が多くなる」などの理由で抜け毛の原因になります。
また、生活習慣の乱れは血行不良を引き起こしたり毛周期を乱す原因にもなるので、これもまた抜け毛に影響がでます。
食生活や生活習慣が乱れてしまうとたとえ抜け毛が回復してきても、髪がパサパサになったり、枝毛ができたりと綺麗な髪を作る事ができません。
育児中は母乳やミルクを与えるためにまとまった睡眠時間がとれなかったり、慣れない育児にストレスがたまったりと色々ありますが、それでも、あまり無理はせず、なるべくゆっくりと過ごすように心がけましょう。

また、妊娠中に抜け毛に悩む方もいますが、これは髪に必要な栄養がお腹の赤ちゃんに取られてしまうためだと言われています。

スポンサーリンク

スポンサーサイト

  • 当サイトへお越しいただきましてありがとうございます。
    中学生、小学生、幼児の3人の子を持つsasaと申します。
    妊娠中・出産後・育児のトラブルや疑問に思ったことなどをまとめてみましたので、お役に立てれば幸いです。

PAGE TOP ↑